心の悩みは一人で抱えるよりも聴いてもらう方が良い

サイトメニュー

伝え聞いてもらうサービス

悩む女性

とりあえずまず電話をかけよう

医療機関(機構)では、必要に応じて法律専門の弁護士や、介護・福祉・保育分野へ相談できるコールセンターを開設しています。生き方に関してはその人の人生ですから、精神科医や心療内科医であっても『この道を進みなさい』というような、その人の将来を左右する内容は発言のニュアンスを汲むことにしているそうです。電話相談を受け付けている医療機関や、いのちを支えるコールセンターなどでは、基本無料にて合いの手を入れてくれます。しかし、電話が混雑によりかかりにくい場合があれば、通常ならば、少し時間をおいてかけなおします。しかし、精神面でツラい人にとってはその時間さえツラくなるようです。今、医療機関を含むこうした無料の窓口では、音声ガイダンスに力を入れているようです。『呼び出しています』という音声に、ヒーリングサウンドを乗せてくれます。気持ちがざわつくこともあれば、緊張しっぱなしの状況下にいる場合もあるでしょう。医療機関では、アロマテラピーやアニマルテラピーなどの五感を刺激する治療法を提案してくれています。その療法を用いた音楽療法を取り入れています。電話口にて、リラックスできたり、落ち着きを取り戻したり、心身ともに疲れているから元気になりたい、こうした時に流れてくる音楽に注目が集まっています。元気になったり冷静になれる、そうした報告も集まっているようで、無料ということもウケて、電話相談が気分転換にも利用されています。

ヘルプラインは、困った時に相談に乗ってくれる無料の電話相談サービスです。医療機関と連携が図られていることからも、働く人にとっての労働条件に関する悩み問題も傾聴してくれます。この場合には、産業カウンセラーによる対面相談の用意もされています。何かに困った時の電話相談は、配置転換や賃金引下げ、役職定年などのあらゆる分野の労働問題にまで及びます。『こんなことで電話をかけていいのだろうか』というように、躊躇せずに電話をしてみましょう。秘密厳守ですし、電話相談の後に必要な場合に診察予約や面談も取ってくれます。もちろん、精神科・心療内科に相談するレベルであれば、公的機関に限定して電話番号を個人でも調べましょう。無料と謳っていても相談に対応する時間にも配慮しましょう。名前を名乗る必要も、所在地を聞かれることもありませんが、医療機関を受診した方がいい場合や紹介したい場合に限り、相手側から都道府県を聞かれることがあります。それは単に、早期発見のために通院しやすい身近な病院を調べてくれたり、適した治療のために専門施設を近場で探すためのヒントにしたいからです。初めての電話相談で支離滅裂なことばかりでも、急かすことはしませんし、自分から口に出せるように電話口で見守ってくれます。電話口でのマナー・ルールとなるのは、その口調です。罵声、怒声など、冷静さを欠けていれば致し方なさそうですが、やわらかな口調が望ましいでしょう。

Copyright© 2019 心の悩みは一人で抱えるよりも聴いてもらう方が良い All Rights Reserved.