心の悩みは一人で抱えるよりも聴いてもらう方が良い

サイトメニュー

悩みは早めに解決しよう

医者

第三者のアドバイスが必要な場合があります

長年悩んでいたことでも誰かに話すことで解決への糸口となるかもしれません。しかし話すのは誰でもよいというわけではなく、家族や恋人など心配をかけたくない人もいるでしょう。悩みにはいろいろなタイプがありますが、中でもこころの問題はこじらせると厄介です。できるだけ早い内に相談した方が無難です。そのような人が利用できるのが無料の電話相談です。窓口となるのは主に公的機関なので、通話料金以外は基本的に無料です。こころの健康相談統一ダイヤルに電話すると最寄りの相談機関に接続するので、そのまま話すことができます。その他にも、よりそいホットラインやいのちの電話など深刻な悩みを持つ人の支えとなる無料電話相談があります。何もかも1人で抱え込まず、些細なことでも気になったら電話してみるのがよいでしょう。対応してくれるのは、いずれも専門の知識と豊富な経験を持つ者ばかりなので安心して話すことができます。もし治療が必要な場合や別の機関への相談が必要な場合には、適切なアドバイスをしてもらえます。自分のことだけでなく、家族や身近な人についての相談にも応じてくれるので、遠慮なく話してみましょう。第三者の意見を聞くだけでも、良い考えが浮かんでくるかもしれません。

悩みをできるだけ早く解決するためには、適切な場所へ相談することが必要です。無料電話相談は、その第一歩となるべく大きな役割を持っています。特にこころの病に関しては、慎重な対応が必要になるケースも少なくありません。うつ病などを患っている人の症状が急変した場合には、精神科救急情報センターが相談を受けてくれます。そして家族がこころの病にかかっている可能性がある場合や本人が病気であるという自覚がない場合があります。そのような場合でも各自治体では無料電話相談を受けているので利用することができます。こころの問題は、複雑な過程を経ながら生じているものです。以前の状態に回復させるためには、専門医による治療が必要な場合があります。電話だけで解決できるものではありませんが、無料電話相談がそのきっかけになるかもしれません。電話での相談をしながら面接での相談や医療機関への受診へと繋がるケースもあります。うつ病などの精神疾患やアルコール依存症など発見が早ければ社会復帰までの期間も短縮されます。そしてこころの問題に限っては、相手との相性が影響してくることがあります。コミュ二ケーションの取りやすいスタッフの方が話しやすいのが当然です。しかし在籍するスタッフは全て厳しい研修を受けた者ばかりです。こちらからこころを閉ざすことなく接していけば、円滑なコミュ二ケーションができる筈です。

Copyright© 2019 心の悩みは一人で抱えるよりも聴いてもらう方が良い All Rights Reserved.